英語

「ボリューミー」は日本語です。じゃあ英語で「特盛」って言いたいときは?

big burger

 

この記事では、グルメ番組の食レポなどで使われる和製英語「ボリューミー」と、もとになった英単語 voluminous についてお話します。

「ボリューミー」は日本語です

「量が多い」さまを表す「ボリューミー」は日本語です。英語の言葉をもとに、英語らしく作られた日本語です。もとになった英単語は volume ですが、英語に volumy という言葉はありません

また、「ボリューミー」が最も頻繁に使われるのは「食べ物の量が多い」というときです。グルメ番組の食レポなどでよく耳にしますよね? それも「テーブルの上にたくさんの料理が並んでいる」文脈ではなく、「皿の上に盛られた料理が多い」場合に限って使われます。

例えば、直径30センチの皿の上に、直径20センチのバーガーとその周りにこぼれんばかりのフライドポテトが載っていたら間違いなく「ボリューミー」です。

食べ物以外に「ゆったりとした衣服」にもボリューミーが使われるようです。ファッション記事などでも「ボリューミーなスカート」のような表現を見かけます。

英語の voluminous はこんなふうに使います

英語には voluminous という単語があります。意味は「ボリューミー」とほぼ同じ。ただし、「食べ物の量が多い」という意味で使われることはあまりない。何を形容するのかというと、主に「衣服」と「書物・文書類」です。ふんわりしたスカートとか、ゆったりしたコートとか、膨大な量の報告書とか、大河小説とか。

Cambridge と Longman の例文を拝借します。

Her voluminous silk dress billowed out behind her.
ゆったりした絹のワンピースが風をはらんで膨らんだ。

The voluminous report has been sent to Congress.
膨大な報告書が議会に提出された。

一応言っときますと、voluminous suitcase(ばかでかいスーツケース)とかvoluminous armchair(やたらと場所をとるアームチェア)などの使い方もあるようです。

もうひとつ。Googleでvoluminousを画像検索すると、ロレアルのマスカラの画像がずらーっと並ぶページが返されます。VOLUMINOUSはロレアルの商品名なのです。まぶたの筋トレですか!みたいな「ふさふさのまつげ」もvoluminousを用いて表現できちゃいます。

「大盛・特盛」にまつわる英語表現

基本、big large があれば、皿の上に料理がたっぷり載っている状況は表現できます。他にhuge と massive を覚えておくと便利です。どちらも汎用性が高く、食べ物に限らず、いろいろな場面で使えます。

I think I’ll take an extra large helping.
特盛りにしようかな。

That’s a big dish!
すごい量だね。(ディナーの相手の皿を見て)

That’s a lot of food!
すごい量だね。(ディナーの相手の皿を見て)

Oh my goodness! It’s huge!
でかっ。

特盛りからはちょっとズレますが、食べ物関係では filling もぜひ覚えておきたい形容詞です。「満腹感のある、食べ応えのある」という意味です。例えば、何かfillingなものが食べたいときは、かけそばよりはパスタでしょう。

用例をひとつ。

何年か前、サンフランシスコのレストランでランチを食べたときのこと。

その日は現地在住のお友だちとディナーの約束があったので、ランチは軽めにすませるつもりでした。で、ウェイターのお兄さんに言ったわけですよ。

I want something that is not too filling. Any recommendations?
あんまりヘビーじゃないものがいいんですけど、何かおすすめありますか?

「ハーブチキンのシーザーサラダはいかがです?」「じゃ、それで」

わたし的にはロメインレタスの上にカンナで引いたようなパルメジャーノレッジャーノとササミが2本くらい載ってるイメージだったんですが、とんでもない。実際に出てきたお皿は、ロメインレタスの大草原でニワトリが放し飼いになってるイメージでした。

もうお腹いっぱい。さすがにアメリカでした。

ついでにもうひとつ。料理の量を表す単語に portion があります。

SNSではよくこんな投稿を見かけます。

Good food and big portions!
味も良いし、量もある!

読んでくれてありがとう!ふつうに使える例文なので、機会があったら使ってみてね。