英語

【英語】これなら絶対間違えない【否定疑問文の答え方】

 

この記事では、日本人が混乱しがちな【否定疑問文】への答え方についてお話します。

否定疑問文って何だっけ?

否定形の疑問文です。疑問文にNOTが入ってます。

ふつうの疑問文:
Do you like sushi?

否定疑問文:
Don’t you like sushi?

「お寿司好き?」と聞くかわりに「お寿司好きじゃないの?」と聞くのが否定疑問文です。

ここまでなら私たち日本人を混乱させる要素は何もありません。

では。

どうして日本人は否定疑問文が苦手なの?

答え方で混乱します。

例えば。

日本語の場合、「お寿司好き?」は相手の答えをあらかじめ想定しないニュートラルな問いです。相手は「うん、大好き!」と答えるかもしれないし、「うーん、あんまり好きじゃない」と答えることもある。

一方、「お寿司好きじゃないの?」と尋ねるときは、相手の様子から「もしかしたらこの人はお寿司が好きじゃないのかもしれない」と想定しているときです。

それで会話はおおむねこんな感じになるでしょう。

「お寿司好きじゃないの?」

うん、実はあんまり好きじゃない」

いいや、そんなことないよ、好きだよ」

日本語の否定疑問文では、好きではないことを肯定して「うん(好きじゃない)」と答えます。あるいは好きではないことを否定して「いいや(好きだよ)」と答えます。

英語ではどうでしょう。

“Don’t you like sushi?”

No, I don’t.”

Yes, I do.”

英語の否定疑問文ではもっとシンプルに、「好き」なら「イエス」、「好きじゃない」なら「ノー」なのです。

このあたりのことは皆さん、よくご存知かと思います。

分かってるんだけど、いざ答えようとすると混乱するんだよね-。

よーく分かります。

どうすれば間違えずに答えられる?

簡単です。

YES も NO も省略しちゃえばいいんです。

YES も NO も言わずに「好きだ」とか「好きじゃない」と答えればいいんです。

“Don’t you like sushi?”

“I do (like sushi).”

“I don’t (like sushi).”

もちろん、YESまたはNOを付けて答えられればそれに越したことはありません。要は慣れです。数をこなせばできるようになります。

数をこなせと言われても。

英語を話す機会のない人は「独り言」で練習しましょう。ちゃんと声に出して練習してね。ボソボソっとでもいいですから。

Aren’t you hungry?
お腹空いてないの?
Yes, I am. (I am hungry.)
いや、空いてる。お腹空いてるよ。
No, I’m not. (I’m not hungry.)
うん、空いてない。お腹空いてない。

Didn’t I tell you?
言わなかったっけ?
Yes, you did. (You did tell me.)
いや、聞いた。
No, you didn’t. (You didn’t tell me. )
うん、聞いてない。

Haven’t you heard the news?
聞いてないの?
Yes, I have. (I have heard the news.) 
いや、聞いてるよ。
No, I haven’t. (I haven’t heard the news.)
うん、聞いてない。

などなど。

 

そうそう。

身振りにもきをつけて!

YESは首を縦に振る。

NOは首を横に振る。

日本人は否定疑問文に答える際、しばしば「NO、NO、NOと言いながら首を縦に振る」のだそうです。ネイティブにはそれがとてもブキミに見えるとか。

余談ですが。

慣れると今度は日本語の答えがヘンに聞こえてきます。

「君は警察官として恥じるところはないのかっ!」

「はい、ありません」

これが気持ち悪くてたまらない。

「いいえ、ありません」だろ、とか突っ込んじゃうんです。

まとめ

  • 否定疑問文に答えるときはYES/NOを省略しちゃおう。(あくまでも苦肉の策だよ)
  • 要は慣れだよ。
  • 身振りにも気をつけようね。NOと答えるときは首をぶんぶん横に振ること!

 

読んでくれてありがとう。練習しようね。