英語

覚えておきたいビジネス英語!【bear with me】は「ちょっと待ってね」

Please be patient

 

日米の技術者によるシステムレビューに参加しました。

こういう会合ではとにかく膨大な量の資料に目を通します。要件定義とか設計書とか。ソースコード、テスト計画、運用手順書とか。しかも全部、日英セットです。

でも!紙の資料は一枚もありません。ワード、エクセル、パワーポイントなど、ファイル形式はさまざまですが、いずれもデジタルです。出席者の皆さんはそれぞれラップトップ持参で入室します。紙とボールペンを使っているのは私だけ。通訳というのはつくづくアナログな商売です。

さて。この会合で何度も繰り返し使われた英語のフレーズがありました。

これです。

Bear with me.

このイディオム、ご存知ですか?

Bear with me は「ちょっと待ってね」

例えば、先のシステムレビューのような会合で。

膨大な資料の山から目指すファイルを探すとき、あるいは何百行ものコードから目的の文字列を探すとき、画面を見つめながらものすごいスピードでキーボードをたたきます。でも見つからない。なかなか見つからない。

こういうとき、周りの人を放置したまま、黙々とキーをたたきますか? 多分それはない。日本でもアメリカでも同じです。こちらのフォルダを開き、あちらのスクリーンをスクロールしながら、「少々お待ちくださいね」とか「お待たせしてすみませんね」とか言うでしょう?

これを英語で言うと、

Bear with me.

なのです。

実際、先の会合でもあちらのエンジニアがもはや独り言のように Bear with me, bear with me, bear with me といいながらキーボードをたたいていました。

Bear with me の意味を辞書で確認

動詞 bear には「辛抱する、我慢する」という意味があります。

I can’t bear it when people turn up late.
「遅刻するヤツには我慢がならない」

こんなふうに使います。あんまり関係ないですが、ミラン・クンデラの作品「存在の耐えられない軽さ」の英訳は The Unbearable Lightness of Being です。bearable は我慢できる。unbearable は我慢できない。

やっぱりあんまり関係ないですね。ごめんごめん。

で、bear with me/us相手に辛抱や我慢をお願いする表現になるのですが、これが使われる文脈は前項で述べた通り、非常に限定的です。

実際、辞書でもこのように説明しています。

Cambridge Dictionary による定義と例文はこんな感じ。

定義:to be patient and wait while someone does something
例文:If you’ll just bear with me for a moment, I’ll find you a copy of the drawings.

次に Macmillan Dictionary の定義と例文です。

定義:used as a polite way of asking someone to be patient while you do or finish something
例文:If you just bear with me for a few more minutes, we’ll have all the paperwork finished.

いずれの辞書でも「自分が何か作業をしている間、相手を待たせるときに使う表現」と説明しています。また、Macmillanには「丁寧な言い回し」とありますが、実際、ビジネスシーンで非常によく使われます。

いずれの例文にも If you just bear with me for a moment/a few more minutes とありますが、この通りに使われることも多いので、このまま覚えてしまってもよいかと思います。

ひとつだけ要注意!

bear のスペリングに要注意です。BEAR です。BARE ではありません。発音はまったく同じ(/beər/ または /ber/)なのですが、bare は「体が衣服で覆われていないこと」つまり「裸であること」を表す形容詞です。bare with me にすると、たいへん恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。取り違え厳禁です。

最後にもう一度おさらい!

Bear with me は「ちょっと待ってね」ですよ!

 

最後まで読んでくれてありがとう!またね。