英語

使えるとちょっとカッコいい接続詞【albeit】の使い方

鉛筆とアルファベットのイラスト

 

この記事では接続詞【albeit】についてお話します。

英語学習者用の教材にはあまり出てこない単語かもしれませんが、新聞や雑誌の記事などではけっこう普通に使われる言葉です。

覚えなければならない単語はたくさんあって、もしかしたら【albeit】の優先度はあまり高くないかもしれない。でも!さきほども言った通り、けっこう日常的に使われますし、出てきたときに普通に知ってたら、ちょっとカッコいいかもしれません。

タイトルにもある通り、【albeit】は接続詞です。別の英単語に置き換えるなら【though】です。意味は「ではあるが」と覚えておきましょう。

発音は /ɑːlˈbiː.ɪt/ です。あえてカタカナ表記するなら「オー(ル)ビイト」ですが、実際の音はもちろん違います。オンライン辞書なら音声情報があるので聞いてみてね。

さて例文。

They finally agreed, albeit unwillingly, to help us.
不本意ながらも協力してくれることになった。

A great, albeit expensive, room
素敵だけど高価な(ホテルの)部屋

I had a nice vacation, albeit a short one.
短いけれど、良いバケーションでした。

He did show up, albeit a little late.
来るには来たけど、ちょっと遅刻。

We tried, albeit without success.
頑張ったけどだめだった。

こんな感じで使います。

albeit unwillingly とか albeit reluctantly で覚えると覚えやすいかもしれません。「不本意だけど、いやいや」という意味です。

 

読んでくれてありがとう。機会があったら使ってみてね。